東京シティー総合法律事務所

メニュー

弁護士の無料相談は東京シティー総合法律事務所

お問い合わせ

 メールでのお問い合わせ

メールでの問合せが困難な方には電話での相談
(平日9:00-17:00 03-6311-7598)に弁護士が適宜対応致します。
その際は、相談したい内容と希望する解決方法及び質問事項を事前にまとめてからお電話下さい。

弁護士無料相談TOP → 民事訴訟の提起と応訴

民事訴訟の提起と応訴

民事訴訟は、弁護士等に依頼せずに、自分で提起できます。
先ず、訴状を証拠と共に裁判所に提出します。
訴状の雛型は、書籍やインターネットで提示されていますし、 裁判所でもある程度の書式を用意し又最近では訴訟の書き方も説明してくれるようです。

一方、訴訟提起された場合に対応するのを応訴といいますが、自分でできます。
この場合は、裁判所から指定された期日の前に、答弁書を裁判所に提出します。
答弁書についても、訴状と同様、雛形や書式説明を入手できます。
尚、指定期日が不都合の場合には、答弁書だけ提出して、欠席する旨を裁判所に連絡します。
この場合、答弁書を提出しないと、原告の主張のみで結審されて判決となることがあります。
答弁書作成が期日までに間に合わない場合には、とりあえず、 請求棄却を求める、その他の主張は後日の準備書面で提出する旨のみを記載します。

以降、裁判所の指示に従い、主張を記載した準備書面や証拠を提出し、 期日に出席し、場合により当事者尋問・証人尋問を行っていきます。

弁護士に訴訟代理してもらうのは、大まかに言うと、以下の2つの理由によります。
 1.訴訟手続が煩雑で不慣れな場合には対応が大変である。
 2.法的観点から必要な主張や重要な証拠を漏らさず、逆に不要な主張・証拠を提出しないという効果が期待できる。
一方、弁護士に依頼することの不利益は、主に以下の2点です。
 1.費用が掛かる。
 2.適切に対処しない弁護士に当たる可能性がある。
この不利益の回避には、相談の時点で弁護士の対応・態度・回答から、 能力や自己との相性も含めて、判断するしかありません。

相談・問い合わせ

その他の法律相談も受け付けています。
東京シティー総合法律事務所は、相談者と共に事案を検討し、最適な解決法を提案します。
初回相談は無料で行っています。相談はこちらから

東京シティー総合法律事務所
〒104-0061
東京都中央区銀座5-6-12 ミユキビル7F
電話番号:03-6311-7598 / FAX:03-6311-7599
メール:nakaba@nakaba-law.com