東京シティー総合法律事務所

メニュー

弁護士の無料相談は東京シティー総合法律事務所

お問い合わせ

 メールでのお問い合わせ

メールでの問合せが困難な方には電話での相談
(平日9:00-17:00 03-6311-7598)に弁護士が適宜対応致します。
その際は、相談したい内容と希望する解決方法及び質問事項を事前にまとめてからお電話下さい。

弁護士無料相談TOP → 国選弁護人

国選弁護人とは

国選弁護という制度は、逮捕・勾留された人(被疑者)又は起訴された人(被告人)が、 裁判所に申出をして弁護人をつけてもらうものです。

弁護士費用を立替えてもらうという点で民事法律扶助と似ていますが、以下の相違があります。

1.刑事事件が対象である。

2.殆どの場合、立替額の後日返済が不要である。

3.弁護人は、被疑者・被告人が選択するのではなく、裁判所が選定する。

国選弁護人はまともに弁護活動してくれない?

「国選弁護人は報酬が低いので、まともに弁護活動してくれないのではないか」との質問を受けることがあります。

多くの弁護士は、私選であろうと国選であろうと弁護活動に差異をつけないと思います。

しかしながら、一部、「低額報酬だから弁護活動に差異があるのは当然」と公言している弁護士がいることも事実です。
しかし、そのような弁護士が私選なら格段の能力・手腕を発揮してくれるかというと、はなはだ疑問であると言わざるを得ません。

特殊な冤罪事件等でない限り、通常の弁護士なら、弁護士によって判決に差が生ずることは考え難いです。
但し、要望してるのに初回以外は接見に来ない、示談を依頼しているのに全然行動しないなどと、 基本的弁護活動を怠っている弁護士は別です。

相談・問い合わせ

その他の法律相談も受け付けています。
東京シティー総合法律事務所は、相談者と共に事案を検討し、最適な解決法を提案します。
初回相談は無料で行っています。相談はこちらから

東京シティー総合法律事務所
〒104-0061
東京都中央区銀座5-6-12 ミユキビル7F
電話番号:03-6311-7598 / FAX:03-6311-7599
メール:nakaba@nakaba-law.com