東京シティー総合法律事務所

メニュー

東京シティー総合法律事務所

お問い合わせ

 メールでのお問い合わせ

メールでの問合せ・説明が困難な場合、問合せメールに「電話での問合せ希望」と記載ください。
メール予約のない問合せ電話には、対応しておりません。

賃貸・不動産TOP --> 無断の転貸借・賃借権譲渡

無断の転貸借・賃借権譲渡

転貸借 転貸借とは、賃借人が賃借対象物の一部又は全部を第三者に賃貸することです。
尚、借地上に土地賃借人が所有する建物は、賃借物ではないので、土地賃借人が第三者が賃貸しても転貸借とはなりません。
転貸借契約は、賃貸人に無関係に、賃借人・転借人間で成立します。
しかし、基本の賃貸借契約を基盤とする別途の契約であるので、原則として、転貸借には賃貸人の承諾を得ている必要があります。

承諾ない転貸借

賃貸人が承諾していない場合、賃貸人は賃貸借自体を無催告で解除でき、これにより転貸借も消滅します。
但し、賃貸人に対する背信的行為といえない特段の事由がある場合は、例外的に解除不可です。

承諾ある転貸借

賃貸人の承諾ある転貸借の場合、転借人は転貸人に対しても直接に義務を負います。
例えば、賃借人が賃料不払であれば、賃借人は転借人に対し、賃料・転貸料の範囲内で直接支払を請求できます。

基本の賃貸借が満期・更新拒絶又は債務不履行解除にて消滅した場合、転貸借も消滅します。
但し、賃貸借が合意解除された場合は、例外的に、転貸借は消滅する代わりに転借人・賃借人間の直接の賃貸借に変更されます。
更に、更新拒絶で賃貸借が消滅した場合でも、事情によっては、転貸借が直接の賃貸借に変更されることがあります。

承諾ない賃借権譲渡

転貸借と同様、賃貸人の承諾ない場合、賃貸人は賃貸借を解除できます。

相談・問い合わせ

その他の法律相談も受け付けています。
初回相談は無料で行っています。相談はこちらから

東京シティー総合法律事務所
〒104-0061 東京都中央区銀座6-13-9 GIRAC GINZA 8F
電話番号:03-6311-7598
(予約ない電話には不対応です)
FAX:03-6311-7599
メール:nakaba@nakaba-law.com