東京シティー総合法律事務所

メニュー

弁護士の無料相談:東京シティー総合法律事務所

お問い合わせ

 メールでのお問い合わせ

メールでの問合せ・説明が困難な場合、問合せメールにその旨と電話連絡可能な日時複数を記載ください。
メール予約のない問合せ電話には、対応しておりません。

総合TOP --> 年少者の責任

年少者の責任

刑事事件では、14歳未満には刑事罰が適用されず、18歳未満には死刑は適用されません。
一方、民事事件では、未成年者には行為能力が認められず、契約等の法律行為を後になって取消できます。
(未成年者とは、現時点では20歳未満の者を指しますが、2022年からは18歳未満となります。)

しかし、民事事件での損害賠償責任については、若干話が違ってきます。
不法行為に基づく損害賠償を請求するためには、加害者に責任能力があることが必要です。
ここで、責任能力と年齢は明確に関連付けられていませんが、一般的に、 12歳前後が責任能力の有無の判断基準の境界となっているようです。
そして、責任無能力者とされた者の不法行為に関しては、その親その他の監督者に対し損害賠償責任が課されています。

相談・問い合わせ

初回相談は無料で行っています。 相談・問合せはこちら

東京シティー総合法律事務所
〒104-0061
東京都中央区銀座5-6-12 ミユキビル7F
電話番号:03-6311-7598 / FAX:03-6311-7599
メール:nakaba@nakaba-law.com